WINGS 新浦安駅構内放送に登場!


日頃よりWINGSを応援いただき誠にありがとうございます。今回は、大澤から活動拠点である浦安市における地域貢献活動についてご報告いたします。


NTTコミュニケーションズ シャイニングアークスからご提案をいただき、7月1日より浦安を拠点としたスポーツ団体のNTTコミュニケーションズ・シャイニングアークス(ラグビー・トップリーグ)、ブリオベッカ浦安(サッカー・関東サッカーリーグ1部)、そしてWINGSの所属選手・監督がJR東日本新浦安駅構内のマナー放送のアナウンスを実施することとなりました。各チームの選手・監督が安全に楽しく過ごしていただきたいという思いをメッセージに込めてアナウンスいたします。WINGSからは、地域貢献担当の松下太郎選手・荒川遼司郎選手の2名が参加いたします。


この取り組みが地域にお住いの皆さまにとって、公共の場で助け合いや譲り合いの気持ちを持って過ごすきっかけになればと思っています。WINGSは引き続き活動拠点の浦安のみならず、エアラインのラグビーチームとしてさまざまな地域での社会貢献活動に積極的に取り組んでまいります。


「松下太郎・荒川遼司郎両選手のコメント」

本企画のお話をいただいた時は素直に嬉しかったです。日頃から利用させていただいているJR新浦安駅構内でのアナウンスということで、朝・夕と様々な思いを抱えて目的地に行かれる利用者に対して、少しでも活力をお届けできたらという思いで引き受けさせていただきました。収録当日は、声のコンディションを整え、笑声を意識して臨み、何よりラガーマンとして、顔が見えずともエネルギーを感じていただけるように努めました。


初めての経験のため難しさもありましたが、これまでのコールセンター業務での経験が活かせたのではないかと自負しております。この活動に留まらず、今後とも様々な形で浦安市の皆さまへ恩返しができれば幸甚に存じます。この度は貴重な機会をいただき誠にありがとうございました。

*コールセンターで業務中の荒川選手(左)と松下選手(右、2019年に撮影)