髙北卓弥です!


いつもWINGSへのご声援ありがとうございます。


緊急事態宣言が発令されており、チームとしての全体活動は自粛し、引き続き個人・ユニットでのトレーニングを行っています。選手たちは元気に頑張っています。全体活動の再開が待ち遠しいですが、前回に続き、今回も20年度の新人紹介をさせていただきます。


今回は「カラダぶつけたいっす!」が口癖のラグビー少年、「髙北卓弥」をご紹介致します。皆に愛され、笑いと癒しを振りまく一方で、持ち前の力強さを活かし前線を引っ張る期待の新人です。ポジションはプロップ、WINGSの最強マスコットキャラクターのような髙北にぜひご注目ください!


*自己紹介をお願いします。

2020年度に入社、入部いたしました髙北卓弥と申します。仕事はJALコールセンターにて主に国内線の予約・発券に関するお客さま対応を行っています。


*ラグビーを始めたきっかけを教えて下さい。

横須賀の自宅近くにラグビースクールがあったので、小学校2年生の時に体験で参加したことがきっかけです。自分が想像していた以上にカラダをぶつけることに楽しさを感じラグビーの虜になりました。


*WINGSの魅力は何ですか?

まずはラグビーを楽しむことを全員が念頭に置いていて、「楽しむためには試合で勝つことが大切」、「勝つためには強くなることが必要」という意識を選手・スタッフ全員が心に刻みつけて日々取り組んでいるところが最大の魅力です。


*シーズンに向けて試合の注目ポイントと意気込みをお願いします。

強みであるコンタクトプレー(身体をぶつけるプレー)で相手を圧倒し、プレーでチームを引っ張っていきたいと思います。勝利に向かうチームの原動力となり「勝ち」にこだわって闘い続けます。


*最後にサポーターズクラブの皆さまへ一言お願いします。

20年度は残念ながら公式戦が中止になりましたが、WINGSは今後さらに強くなり、上位リーグに昇格していくチームだと思っています。日々の練習から細かいことこそ丁寧に取り組み、試合では鍛錬したことを体現できるように頑張りますので、ぜひ応援をよろしくお願いいたします。