第6節 大塚刷毛


2019年11月17日(日)

浦安市運動公園陸上競技場


<得点・結果>

前半: 19 (3T/2G/0PG)- 8 (1T/0G/1PG)

後半: 13 (1T/1G/2PG)- 0 (0T/0G/0PG)

合計: 32-8


<メンバー>


1.木田 大雅   9.藤村 烈

2.市川 理貴  10.久富 悠介

3.御旅屋 良  11.世古 陽泉

4.塚田 友郎  12.諸岡 洋佑

5.新井 謙徳  13.木村 祐樹

6.丸山 詢平  14.露木 健也

7.佐々木 嵩穂 15.重松 隆宏

8.増田 和征



16.荒木 直文  20.大和田達朗

17.居原 裕一郎 21.大澤 勇気

18.柴崎 涼平  22.鈴木 隼人

19.那須 敬太  23.桑島慎吾



<交代>

前半 37分 露木 → 桑島

後半 28分 丸山 → 居原

   36分 御旅屋 → 荒木 

藤村 → 大澤


<試合経過>

第6節も多くのサポーターの皆さまにご声援いただき、また試合後のラグビー教室も老若男女関わらず多くの方にお楽しみいただきありがとうございました!


今回の対戦相手は強豪大学出身の若手も多く所属する大塚刷毛。毎年熱戦を繰り広げており、WINGSは上位入替戦へコマを進める為にも絶対に負けられない試合です。


序盤からWINGSが主導権を握り、敵陣ラインアウトからテンポ良く外へ展開、ウィング 世古(11)が走りきり念願の今季初トライを決めると、続けて連続攻撃から突破したセンター 諸岡(12)からパスを受けた同じくセンターの木村(13)がトライ!さらに勢いに乗るWINGSは、ゴール前でボールを受けたウィング露木(14)が個人技で3人のタックラーを振りほどき、選手生活19年連続となるレジェンドトライ!!前半17分で19-0と突き放しにかかりますが、前半20分に自陣での反則からPGを決められ19-3。続けて22分に攻撃の隙をついたインターセプトからトライを奪われた後は一進一退の攻防が続き、前半19-8とリードして折り返します。


ハーフタイムでは、「相手のペースに惑わされず、自分達のラグビーをやろう」と選手間で確認し、必ず後半最初に得点すべく気を引き締めて後半戦に臨みました。


後半攻めるもなかなか得点に繋がらないWINGSでしたが、この試合でも自慢のキックでチームの窮地を救ったフルバック重松(15)が相手反則からのPGを後半15分、27分と連続で決め25-8、その後大塚刷毛のテンポの速いアタックを受けるも、足元に刺さる低いタックルでミスを誘いアタックを継続させません。40分にはスクラムからのボールをバックスの連携プレーで繋ぎきり最後は重松(15)がトライ!そのままゴールも決め32-8でノーサイド。WINGSの勝利となりました。チャンスの時もピンチの時も、皆さまの『GO!GO!JAL!』の熱いエールに選手は奮起し、今回勝利を収めることができました。


次戦はリーグ最終戦、相手は「あいおいニッセイ同和損保 タフウルズ」。今季多くの選手が加入し昨年よりも大きく進化しているチームとの対戦になります。WINGSはこの試合に勝てば上位入替戦出場の可能性が濃厚になる絶対に負けられない戦いとなります。是非、会場にお越しいただき、熱い応援よろしくお願い致します!








私たちも応援しています!

ヒト・コミュニケーションズ
東洋経済日報
エアトリ01.png
ダイニチ.png
DELLEMC
redhat