第5節 サントリーフーズ戦


2019年11月10日(日) 浦安市運動公園陸上競技場

<得点・結果> 前半: 24 (3T/3G/1PG)- 0 (0T/0G/0PG) 後半: 19 (3T/2G/0PG)- 12 (2T/1G/0PG) 合計: 43-12

<メンバー>

1.木田 大雅   9.藤村 烈 2.市川 理貴  10.久富 悠介 3.御旅屋 良  11.世古 陽泉 4.塚田 友郎  12.諸岡 洋佑 5.新井 謙徳  13.大山 裕之 6.丸山 詢平  14.露木 健也 7.佐々木 嵩穂 15.重松 隆宏 8.増田 和征

16.荒木 直文  20.本多 敬佑 17.居原 裕一郎 21.大澤 勇気 18.柴崎 涼平  22.木村 祐樹 19.那須 敬太  23.桑島慎吾

<交代> 後半 13分 大山 → 木村   21分 露木 → 桑島   26分 丸山 → 居原   37分 御旅屋 → 荒木 新井 → 柴崎 世古 → 本多

<試合経過>

11月10日はWINGS Day ということで、折り紙ヒコーキ教室・体験教室などイベント盛りだくさんの中、第4戦のサントリーフーズ戦を迎えました。JALグループ社員や旅行会社の皆さまをはじめ、なんと1,000人以上の方々にお越しいただきました。本当にありがとうございました!!

サントリーフーズは元トップリーガーの選手をはじめ経験豊富な選手が多数在籍し、スキルフルな戦い方が特徴のチームです。昨年はリーグ戦と入替戦の2回対戦をしましたが一度も勝つことが出来ませんでした。よって今回は、何としても負けれられないという強い気持ちで試合に臨みました。

前半は序盤からWINGSのペースで試合が進み、果敢に敵陣へ攻め込んでいきます。前半5分、増田(8)が、いま流行りの「ジャッカル」で相手の反則を誘い、重松(15)のペナルティーゴール(PG)により3点を先制します。19分、再びPGのチャンスを得ますがここは惜しくも得点ならず。しかしその後24分、、相手のリスタートのキックからボールを繋ぎ、木田(1)のピックアンドゴー(地面にあるボールを拾い上げてすぐに前進するプレイ)から先制トライ!そしてここから続けて重松(15)、大山(12)がトライを決め、コンバショーンキックも入り24-0で前半を折り返します。

後半最初のトライはWINGSの流大こと藤村(9番)。このトライで試合が決まったかと思いきや、サントリーフーズのボールを外に大きくふる本来のスタイルに、たて続けに2トライを奪われます。しかし、相手に傾きかけた流れを戻す新井(5)・木村(22)らの激しいタックルから再び主導権を握り、久富(10)の空いているスペースを狙う絶妙なキックを諸岡がキャッチしそのままトライ!そして最後は、スクラムからのアタックで重松が抜け出しトライを決め43-12でノーサイドとなりました。

試合を通して、FW・BKどちらからもトライを奪えるチームになったことは今年の大きな成長と言えるでしょう。なお、試合後の体験教室では、サントリーフーズにもご協力いただき、パスやラインアウト・タックルなど、多くの皆さまにラグビーを体験いただきました。初めて観戦にいらっしゃった方からも「また来たいです!」と言っていただき、次の試合も皆さまに楽しんでいただけるパフォーマンスをしなければと強く感じました。

次戦の大塚刷毛は思い切りのいいプレイが特徴で、勢いに乗せてしまうと手が付けられなくなってしまう、決して油断のできない相手です。WINGSとしては相手のペースに乗らず、自分たちのスタイルでどれだけ自信をもって戦い続けられるかが重要なポイントですが、皆様の声援が大きな力になります!!次も舞浜でのホームゲームですので、是非また会場へ足を運んでください!

応援よろしくお願いします!!












私たちも応援しています!

ヒト・コミュニケーションズ
東洋経済日報
エアトリ01.png
ダイニチ.png
DELLEMC
redhat