第4節 サントリーフーズ戦報告


(写真) トライした中山選手⑧に駆け寄る新井選手、木村選手㉒


皆さん、こんにちは。いつもWINGSを応援いただきありがとうございます。10/24(日)に行われたサントリーフーズ・サンデルフィス戦について、木村がご報告いたします。

第二節ライオン戦に勝利し勢いづくWINGSでしたが、第三節習志野自衛隊戦は不戦勝となり、約1ヶ月ぶりの第四節、かつ今シーズン唯一のナイトゲーム(私の在籍する過去5年間でもまだ2回目)でした。そしてなにより緊急事態宣言が解除され、念願のサポーターの皆さまをスタジアムにお迎えすることができました。当日は日曜日の18:30キックオフにも関わらず200名以上の方々にご来場いただき、さらにYouTube オンライン配信でもたくさんの方々が観戦をしてくださいました。あらためてWINGS一同御礼申し上げます。


めったにないナイトゲームで選手もコンディション調整が難しい状況でした。しかし、m毎週木曜日夜に同じグラウンドでチーム練習をしているので『木曜日の練習みたいやな〜(重松選手)』と選手たちの気持ちは比較的リラックスしているようで、これもホームゲームの強みだとありがたく思いました。


いよいよキックオフ!試合序盤はサンデルフィスの素早い展開攻撃に受け身になる場面が多かったのですが、WINGSはフォワード・バックスが一体となったディフェンスでしっかりと止め切り、得点を許しません。逆にペナルティから相手陣ゴール前に迫り、ラインアウトからのモールを押し込みフッカー市川選手がトライ!フルバック重松選手が難しい角度からのコンバージョンキックも決め、7-0とWINGSが先制します。


勢いに乗ったWINGSは敵陣で果敢に攻撃を仕掛けますが、ここでセンター齋藤選手が負傷退場となり、代わって私、木村の出番となりました。引き続きゴール前での攻撃を仕掛け、前半34分ゴール前スクラムからNo.8 中山選手が素早く切り込みトライ!ゴールも決まり14-0とします。このまま前半終了かと思われましたが、サンデルフィスに敵陣へ攻め込まれ、最後はバックスに展開されトライを許し、14-7で前半を折り返します。


後半も序盤はサンデルフィスに攻め込まれる時間が続きますが、最前線でカラダを張ったのは、この日ゲームキャプテンを務めたフランカー 佐々木嵩穂選手。試合前のミーティングで『俺が最前線でカラダを張ります!』と宣言した通り、何度も何度も鋭いタックルでチームの窮地を救いました。後半11分にはゴール前ラインアウトからまたもモールで中山選手がトライ!さらに点差を広げ21-7とします。


その後も堅いディフェンスを維持していましたが、中盤でペナルティを犯し、ペナルティゴールを2度決められてしまいます(21-13)。その後一進一退の攻防が続きましたが、終了間際にプロップ荒川選手がゴールポスト下に飛び込み、ダメ押しのトライを挙げました。ゴールも成功し、見事28-13で勝利を収めることができました。


新型コロナウイルス感染症の影響で約2年ぶりの有観客試合でしたが、サポーターの皆さまの前で勝利を飾ることができ、忘れられない試合となりました。次節は11/7(日) 「あいおいニッセイ同和損保 タフウルズ」戦です。2019年シーズン最終戦で20-47と完敗、私自身も前半途中で負傷退場した苦い思い出があり、絶対に負けられない相手です。2019年の雪辱を果たすべく、チーム一丸となって全力で戦います!引き続きご声援のほどよろしくお願いいたします。


木村祐樹


● 次節のご案内

第5節 vs あいおいニッセイ同和損保タフウルズ

11月7日(日)12:30 キックオフ@​ブリオベッカ浦安競技場(入場無料)

*ライブ配信URL(解説付き)

https://youtu.be/MV967ksxj4o


( お願い)

・ご来場人数制限を設けさせていただきます。 (2チーム合わせて先着1,000名)︎

・入場時には検温、消毒、連絡先の記入のご協力をお願いします。︎

・マスクの着用をお願いします。︎

・観戦時はソーシャルディスタンスを確保した着席をお願いします。︎

・試合後、グラウンドへの立ち入りはお控えください。︎

・大声での声援ではなく、拍手や心の中での熱い応援をお願いします!