第3節 丸和運輸戦


2019年10月20日(日) 神奈川県保土ヶ谷公園ラグビー場

<得点・結果> 前半: 5 (1T/0G/0PG)- 8 (1T/0G/1PG) 後半: 12 (2T/1G/0PG)- 21 (3T/3G/0PG) 合計: 19-29

<メンバー>

1.木田 大雅   9.藤村 烈 2.市川 理貴  10.松下 太郎 3.御旅屋 良  11.桑島慎吾 4.塚田 友郎  12.久富 悠介 5.新井 謙徳  13.諸岡 洋佑 6.丸山 詢平  14.露木 健也 7.佐々木 嵩穂 15.重松 隆宏 8.増田 和征

16.荒木 直文  20.大和田 達朗 17.居原 裕一郎 21.大澤 勇気 18.深川 暁生  22.大山 裕之 19.那須 敬太  23.木村 祐樹

<交代> 前半 22分 松下 → 木村 後半  9分 露木 → 大山

<試合経過> この度の台風および集中豪雨で被害を受けられた各地の皆さまに心よりお見舞い申し上げます。

序盤戦を連勝で勢いに乗るWINGSは、第3戦で丸和運輸戦を迎えました。丸和運輸は外国人選手を擁し、若手選手も多く勢いのあるチームです。

前半の序盤、WINGSは敵陣で有利に試合を進めますが、相手がキックで仕掛けた攻撃で先制トライを許してしまいます。さらに不運は重なり、司令塔の松下選手(10番)が負傷退場となります。この悪い流れを断ち切りたいWINGSは、もう一度エンジンをかけ直し猛攻を仕掛け、前半32分、交代出場となった木村が同点のトライを決めます(5-5)。


しかし前半終了直前、バックスの精神的支柱である副将の久富選手(12番)がハイタックル(首より上にタックルをする危険行為)でイエローカードを受け、10分間の退場となってしまいました。その後もペナルティーゴールを決められ、5-8で前半を折り返します。

後半序盤、相手に1トライを追加され5-15と差を広げられますが、やはり今年のWINGSは一味違います。バックスの多彩な展開から、最後は桑島選手(11番)がトライをあげ(10-15)、さらにフォワードの押し込みから木田選手(1番)がトライ!重松選手(15番)のキックも成功し、17-15とついに逆転に成功します。

この流れに乗って点差を広げたいところでしたが、丸和運輸の怒涛の反撃から逆転トライを許します(17-22)。1トライ1ゴールでの再逆転を目指し、最後まで攻め続けますが、後半終了直前に相手フォワード選手の突進を止めることが出来ず、トライを許されノーサイドとなり、今シーズン初の黒星を喫してしまいました。


次戦は11/3(日) 習志野自衛隊(13時キックオフ、船橋市習志野自衛隊グランド)と対戦します。 是非会場へお越しいただき、ご声援をお願いいたします。






私たちも応援しています!

ヒト・コミュニケーションズ
東洋経済日報
エアトリ01.png
ダイニチ.png
DELLEMC
redhat