新たな旅立ちにエールを! 第2弾!


*シーズンを終え、現役引退を決意した安藤選手(左)と大和田選手(右)


いつもWINGSを応援していただきありがとうございます。今回は2021シーズンを以てWINGSを旅立つこととなった選手紹介第2弾です。


●大和田選手(2005年~17シーズン)

2021年度シーズンをもって現役を退きました大和田達朗です。先ず、17年という期間を現役メンバーとして活動してこられたのも家族、同僚、会社とクラブの理解と協力があったからこそです。この場を借りて感謝申し上げます。これまでを振り返ると、ケガが多く苦しい時期の長い現役生活でしたが、2010年の経営破綻からクラブを存続させる為に粛々と活動を続け、若手選手たちに漸く襷を渡せた安心感とラグビーをやりきった充実感で今はいっぱいです。長引くコロナ禍、不安定な社会情勢が我々を取り巻く現状ですが、これからもWINGSは歩みを止めず、社業とラグビーを両立させながら一歩一歩着実に前進していくと信じています。サポーターの皆さまには、これまでと変わらぬWINGSへのご支援を賜りますようお願い申し上げます。


~会社の同僚、柴崎選手からのメッセージ~

長い間お疲れさまでした。ラグビーと仕事と大変お世話になりました。仕事では部署が違うのでなかなか接点がなかったのですが、ラグビーでは、最も恐れる(尊敬)先輩の中のひとりでした。周囲に怒号を浴びせる時もあれば、ひたすら痛いところに突っ込んでいく姿、スペースを見つけるとスルッと抜けていく姿、どれもカッコよく、一緒にプレーできて最高でした。これからは客席からチームを見守ってください!

*写真は柴崎選手


● 安藤選手(2007年~15シーズン)

WINGSに入部して15シーズン、ラグビーをやらせてもらえる環境と応援してくださった方々に感謝の気持ちでいっぱいです。ここ数シーズン、自分の引き時について考えることが多くなりましたが、今シーズンの若手の頑張りを見て安心して引退出来るなと確信しました。この歳まで続けてこられて、様々な人に巡り会えて幸せなラグビー人生でした。丈夫なカラダに生んでくれた親には感謝しかありません。これからのJAL WINGSに期待しています。本当にありがとうございました!


~最終戦でセンターのコンビを組んだ大山選手からのメッセージ~

面倒見がよく先輩・後輩・スタッフと分け隔てなくしゃべるチームのムードメーカーでありながら、オールラウンドプレーヤーとして何度もチームの危機を救いWINGSを支えていただきありがとうございました!両センターとして肩を並べて試合に出るときは、痛いプレーは全部任せていたので安心感がありました(笑)。 これからも時間があるときは洋功節を聞かせに顔出してくださいね。15年にわたるWINGSでの現役生活、本当にお疲れ様でした!

*写真中央が大山選手


大和田・安藤両選手とも、長きに渡りWINGSに多大なる貢献をしてくれました。両名の新たなステージでの更なる活躍を祈念します。タツロー、ヨーコー、お疲れさまでした!


WINGS GM 熊谷 一将