検索
  • jalrugby

親善試合 中国電力戦



いつもJAL WINGSを支え、応援頂き誠に有り難うございます。

ご無沙汰しておりましたが、この度WINGS副部長を拝命致しました小林です。ロンドン営業所から、そのまま山口支店勤務となったこともあり、チームとしばらく離れていましたが、精一杯努めて参りますのでどうぞ宜しくお願い申し上げます。

さて申し上げました通り、JAL山口支店の一員として日々山口県の皆さまへJALを身近に感じて頂けるような活動をおこなっておりますが、山口県ラグビー史は戦後間もない頃に連合国のニュージーランド部隊が萩・長門地区に駐留し、余暇にラグビーを楽しんでいたことが地域の普及へのきっかけでありました。そして地元のラグビー関係者が中心となって誘致を行い、長門市俵山地区に立派なグラウンドを構えて、今回のラグビーワールドカップではカナダ代表の合宿地にもなっております。

そんな矢先に、長門市長を表敬訪問した際に「JALラグビー部も俵山グランドで試合をしたらどうですか?」とお声掛けをいただいたことがきっかけで、皆さまのご協力をいただき、現在トップ九州リーグに所属する強豪の中国電力と親善ゲームを組むことが出来ました。

試合当日の7月21日は低気圧が停滞して生憎の雨模様でしたが、WINGSは開始直後から相手チームのパワーとスピードに圧倒されます。ゲームを通じて中国電力ペースとなり、WINGSは翻弄され12-98の大敗となりました。

しかし、これだけ防戦一方の試合展開では、けが人が出たりイライラしてペナルティも増え、走る元気もなくなり…という流れに陥りやすいのですが、最後まで相手にチャレンジしようとする選手の姿勢は今後につながるものでした。これから秋のリーグ戦に向けて、しっかり準備をしてまいります。

これからもJALWINGSをよろしくお願いいたします。

JALWINGS 副部長 小林信也

★ 今後の予定 8月4日(日) オープン戦 駒場WMM K/O 15:00 @東大駒場グラウンド


159回の閲覧

私たちも応援しています!

ヒト・コミュニケーションズ
東洋経済日報
エアトリ01.png
ダイニチ.png
DELLEMC
redhat