検索
  • jalrugby

オープン戦:ブルーシャークス戦



いつも応援いただきありがとうございます。今回は入社2年目にしてチーム最年少21歳の中浦がお届け致します。今回は、6月18日に行われたブルーシャークス戦を振り返ります。 この日は今年最高気温となり、立っているだけで体力が奪われるような暑さでした。デビューから2戦目ということもあり試合前に緊張していた中浦ですが、チーム最年長39歳の熊谷選手に声をかけていただきリラックスすることができました。 そんな中始まった試合は、これまで練習で意識してきたディフェンスの早いセットで粘っていたものの、前半途中、レッドカード(初めて生で見ました)により14人になってしまったWINGSは、チーム最長実働年数16年の露木選手のトライによる得点のみで前半を折り返しました。 そして後半に入ると、猛暑のもとで怪我人によりさらに少ないメンバーとなり、最後は我等が矢部ヘッドコーチも緊急出場することなりました。結果は大敗となってしまいましたが、次の試合まで1ヵ月以上間隔が空きますので、私もそれまでにラグビーの練習&勉強をして次こそは勝ちたいと思います。 ちなみに人生初のレッドカードとなった某選手は、いつも試合後の夜は外に食事に行くのですが、この日は珍しく滅多に行かない寮の食堂のメニューは何かと聞いてくるほどの反省ぶりでした。鶴丸を付けて戦う以上、チームとして規律あるプレーを徹底したいと思います。 それでは皆さん、次の試合もぜひ応援に来てください!


146回の閲覧

私たちも応援しています!

ヒト・コミュニケーションズ
東洋経済日報
エアトリ01.png
ダイニチ.png
DELLEMC
redhat