• jalrugby

対外練習スタートです


いつもWINGSを応援していただきありがとうございます。 WINGSも例年であれば、9月から始まるリーグ戦真っ只中のはずですが、今シーズンは他のスポーツ同様開幕が遅れており、1月下旬に開幕予定の公式戦に向けて、感染防止対策を徹底しながらトレーニングに励んでいる状況です。 そのような中、昨年末のシーズン最終戦以来9か月ぶりとなる対外練習を行いました。長年ラグビーを続けている選手たちも、ケガ以外の理由でここまで間が空くことはなかったのではないでしょうか。 相手をしていただいたのは、例年接戦となるサントリーフーズ。フルコンタクトこそありませんでしたが、試合形式およびフォワード/バックスごとの練習を行い、いつも以上に充実した時間を過ごすことができました。 サントリーフーズは、数年前までのWINGSと同じくベテラン選手が多いことが特徴のチームでしたが、今年は新人が多く加入したとのことで、スピード豊かな展開ラグビーにさらに磨きがかかるやも知れず要警戒です。 また当日は公式戦でも使用する舞浜の陸上競技場が使えるということで、WINGS OBにも声を掛け、現役の練習後にタッチフット(スクラムやタックルがないラグビーゲーム)を行いました。 集まったのは8名と少なかったのですが、カラダが動かない分、口はよく動くので、コミュニケーションだけは現役に負けていなかったのではないかと思います(笑)。ハーフスピードで走るルールにしていても、皆ついつい昔を思い出してダッシュしてしまうので、自分も含めてケガ人が出ないかとヒヤヒヤものでした。プレー時間よりも長い休憩を挟みつつ、1時間程度でしたがヘロヘロになりながらもいい汗をかくことができました。ラグビーに限った話ではありませんが、職種や世代を越えて同じ時間を共有できる有難みを再認識した次第です。

選手のみならず、我々スタッフやOBも一体となってWINGSを盛り上げていくことで、サポーターの皆さんが職種や世代を越えて同じ時間を共有できる拠り所となればと思います。公式戦の観戦が可能となりましたら、ぜひグラウンドにお越しいただけますようよろしくお願いします! JAL WINGS サポーターズクラブ事務局 熊谷一将





104回の閲覧

私たちも応援しています!

ヒト・コミュニケーションズ
東洋経済日報
エアトリ01.png
ダイニチ.png
DELLEMC
redhat